ブログトップ | ログイン

淋しがりやのロカローラー by ダイちゃん

xddgh334.exblog.jp

CAROLとBEATLESとStrayCatsのコピーバンドをやってるんです!                                         バイクとサッカーも好き、酒も涙も男も女も大好きです

バーンズ アルミノブ

久々に製作ネタです。
バイクではなく楽器関係っす、題名に偽りアリアリの今日この頃ですが、あれもコレもできませんです、はい。

本題に入ります。
去年の今頃アリアプロ2のRicken325コピーをジョンのワシントンDC仕様に改造したのですが、アルミノブを作る際に色々と画像やら何やらかんやら調べたわけです。
ビートルズギヤ専門業者様が製作販売してるやつなんかは"...........(汗)"ですのでまったく参考になりません、かと言ってジョンが持っている325の不鮮明な画像だけでは作るのを躊躇してしまいます。
こんな物簡単でしょ?と思うかもしれませんが、めっちゃ手間かかるし難しい加工なのです。
正直、気に入ったアルミノブさえ市販されていれば買っちゃいます(1万ぐらいならね)

なので当時は適当な材料で適当に完全手抜仕様で製作したわけです、もちろんローレット(ギザギザのやつ)加工は無し。

しかし今年の夏頃に知り合ったJさん家に遊びに行ったさい、見せてもらいました。
モノホンのBURNS ALMI KNOB!!
もうまさに"これだ!!"状態のおちいりました、なんとも言えないR形状。
貸して上げるよ~って言ってくれたので借りてきました、そして計測計測計測.........計算計算計算.......
外径、厚み、ローレットのピッチ、面取りの大きさ、かんじん要のR形状その他もろもろのデーターを採取。
バイト工具の選択と取り付けは今までの知識を総動員して決定しまして~
NCデーターを作りシュミレーション、ローレット加工(あえて綺麗にできる切削ではなく転造にこだわる)の自動化は大変です、色々と条件を変えてはトライアンドエラーの繰り返し。
試作も数多く作りました。
せっかくなんで量産を視野に入れつつ......治具も作成
最低でも3工程が必要です。
R形状側→取り付け穴側→固定用セット穴、タップ加工
一つ一つ課題(難問)をクリアしてなんとか満足のいくレベルの品物が完成しました。
e0043527_23311966.jpg

e0043527_2332454.jpg

まるで本物です、違う点と言えばセット穴のネジがインチではなくミリって事ぐらい。

スゲ~苦労した!!しかし画像ではよくわからんね~ww
by xddgh334 | 2008-12-03 23:49 | 音楽、楽器